読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

80’Sー12 ♪消えない夜♪ 安全地帯

80’S~海をのぞむ街~

ラスは同じだったが、1年生の頃、海江田和代と尾崎健吾は一言も言葉を交わしたことがなかった。そんなことを思い出しながら和代は、学校帰り、途中女子バスケ部の後輩と別れたあと、一人、母と二人で暮らしているアパートへと向かっていた。

夕方6時を過ぎてもまだあたりは明るい。和代の、肩の高さで揃えられたストレートの髪が、海からのそよ風でゆれる。”東京から来たモデルみたいな女子高生”というフレーズで、和代はこの町ではちょっとした有名人になっていた。

和代は、再び東京に戻り、東京の大学へ進学することを目指している。夏休み、午前中の課外授業のあと、午後は教室で勉強をする予定だったが、後輩からの相談事もあり、ついでに、ユニフォームに着替え体育館で練習にも加わったため、勉強はできず、しかもこんな時間になってしまった。

この時期和代たち3年生は部活を引退しているが、和代は元キャプテンで、チームをまとめ、今年高校創立以来初めて県大会で勝利を獲得し、おまけにベスト4まで勝ち上がった経緯もあり、技術はもちろん、後輩たちからの人望もある。

あの時も、期末テスト初日の午後もそうだった。今日と同じバスケ部の後輩、新キャプテンから相談をもちかけられ、夕方まで話し込んでいた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作詞 松井五郎 作曲 玉置浩二

発売日 1985年  アルバム「安全地帯Ⅳ」に収録

 

 

安全地帯IV

安全地帯IV

 

 

 

消えない夜

消えない夜

  • 安全地帯
  • ロック
  • ¥250