読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

80’Sー22 ♪HEART BEAT♪ 佐野元春

夜中。誰もいない商店街を、尾崎健吾は一人歩いていた。スクーターはガス欠。仕様がないので、歩くしかなかった。

尾崎健吾の母千佳子は、18歳の冬、健吾を産んだ。相手は、2つ年上の市役所公務員。2人が付き合い始めたとき、千佳子は高校1年生で、その相手は、同じ高校に通う3年生だった。

彼が、高校を卒業して、公務員になったあとも、付き合いは続いていた。しかし、千佳子の妊娠が分かると、彼の態度は急変し、冷たくなった。やがて彼は、離島への転勤願を出し、鹿児島の南の島、屋久島へ行った。

彼の家は、先祖から継承される武士の家柄で、彼の父親は、この街の市会議員をしていた。彼が屋久島へ行ってしばらくした頃、ある日、彼の父親は、千佳子に、1万円札200枚が入った封筒を渡し、中絶を求めた。これが、結果的に千佳子に固い決意をうながした。

千佳子は、金は受け取らず、健吾を産んだ。

それから、高校を中退し、千佳子は働いた。昼間は、海苔の加工場、夜は、時給のいいスナックで働いた。そして、健吾が10歳のとき、千佳子は自分のスナック店を持った。店の名前は、ブルーシャトウ。尾崎健吾が今歩いているこの商店街の裏通りにある。

健吾は幼い頃、千佳子の母のところによく預けられていた。

千佳子の母絹子は、たばこ屋を営んでいる。先週、海江田和代に、“今度何かあったらここに駆け込め”と言った場所だ。そして実際、きのう、海江田和代が駆け込んだ場所であった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

作詞 佐野元春  作曲 佐野元春

発売日 1981年 アルバム「Heart Beat」に収録

 

 

Heart Beat

Heart Beat