読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

80’Sー32 ♪RADIO MAGIC♪ アースシェイカー

西郷がゆっくり立ち上がる。

「こッの野郎、やっぱり来やがったな!」

そう言って、右拳を振り上げる。

そこへ、尾崎と西郷らがいる場所の、すぐそばの玄関入り口で成り行きを見ていた鬼木が、尾崎と西郷のところへ走る。

鬼木は、尾崎と西郷のあいだに入るようにして、右ストレートを、

西郷に・・・、

いや、その前に、良雄が、・・・。

良雄が、鬼木の前に出てきて、西郷に、右ストレートをあびせた。

・・・が、はずれた。

良雄のパンチは、西郷が顔を後ろに反らしたことにより、空を切った。

「良雄?」と、鬼木が半分おどろいている。

「なんだ、おめえは!」しかし西郷は、ますます顔を真っ赤にして、今度は、良雄を殴ろうとした。

そこで、“ピピーーーーーーーーッ”。

ホイッスルが鳴った。

鳴らしたのは、体育教師の大久保清人だった。身長183センチ。白のタンクトップに、横に青の3本ラインが入った同じく白の短パンをはき、短い髪に、真っ黒に日焼けした筋肉隆々の体。大久保清人は、体育館の玄関入り口に、仁王立ちしていた。

「よおーし、そこまでだ!」

大久保清人はそう言いながら、体育館の中に入って来た。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作詞 西田昌史 作曲 石原慎一郎

発売日 1984年 アルバム「MIDNIGHT FLIGHT」に収録

 

 

ラジオ・マジック

ラジオ・マジック

 

 

MIDNIGHT FLIGHT

MIDNIGHT FLIGHT