読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

80’Sー36 ♪高気圧ガール♪ 山下達郎

前10時。

良雄と鬼木、そして、尾崎は、国道3号線沿いにある海水浴場にいた。

国道に面した海水浴場客のための広い駐車場から、3つの段のついたコンクリートの階段を降りて、浜辺につく。3人は、今、そのコンクリートの階段の2段目に並んで座っていた。

良雄を真ん中に、良雄の左手側に鬼木、反対側に尾崎がいる。

良雄は、結局、ほとんど眠れなかった。机に向かって椅子に腰掛けたまま、時折うつらうつらと舟をこいだくらいだった。そして、朝9時、良雄は鬼木を誘って、この海岸に来た。

すると、尾崎がすでに、このコンクリートの階段に座っていた。

「ヒャッホー」尾崎はその時そう声を発して、「いやあ、すっかりオレもココが気に入っちゃって」と、いつものように豪快に笑った。

 

国道3号線を北に向かい、西側には、この海水浴場があり、東側には、国道と並行して鹿児島本線が通っている。

8月の静かな海をのぞむ良雄たちの左手遠くの方からゆるやかなカーブを描いて、その線路が見える。

 

「しっかし、今日も暑くなりそうだな・・・」

と、鬼木が言った時、その線路の上に3両編成の鈍行列車が乗って来た。

「おい、あの列車じゃねえか?」尾崎が言った。

“まさか、そんな、タイミングよく”

良雄が心の中でそう呟いた。

次第に、列車の走る音が、大きくなり、こちらに近づいてくる。海水浴場の広い駐車場の向かい側、国道のすぐそばに線路がある。3両編成の鈍行列車は、そこで、急ブレーキを効かせて、停車した。もの凄い大きな、鉄の軋む音が、良雄たちの耳にも聞き取れた。

「何だ?」

鬼木と尾崎が、良雄をあいだに挟んで顔を見合わせる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作詞 山下達郎 作曲 山下達郎

発売日 1983年 アルバム「MELODIES」に収録