J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

00’Sー02 ♪fry♪ MONKEY MAJIK

原が勤務する工場では、海外向けに出荷する“発電機”を製造している。製造方法は、ライン製造と呼ばれるもので、長さ約50メートルの直線のレーンをあいだに挟み、合計約100名の工員が1メートル置きに向かい合わせになるかたちで並び、約50の工程に分かれ、ベルトの上を3秒間隔で流れてくる商品を仕上げていく。

桐原はこの中で、エンジン部分に燃料タンクを取り付ける工程を担当している。

午前7時から午前11時まで計4時間。時給1千円。週5日勤務。もちろんこれだけでは、生活していくことはできず、桐原はもう一つ仕事をしている。それは、地元が発行する月刊タウン情報誌への原稿執筆だ。桐原は、その情報誌の中で、CDレビューとグルメレポートを書いている。

しかし、この2つの仕事でもまだ生活費には足りない。足りない分は、前職の大手証券会社勤務時代に貯めた貯金を切り崩している。

コンビニの駐車場に停めた車の運転席で桐原は、パンを食べ終えると、残ったコーヒーを飲みながら、携帯電話を開き、CDレビューのための原稿を打つ。CDは、カナダのバンド”ニッケルバック”のニューアルバム。桐原は黙々と文字を打ち続けた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作詞 tax 作曲 Maynard&Blaise

発売日 2006年 アルバム「thank you.」に収録

 

thank you

thank you

 

  

fly

fly