読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

00’Sー11 ♪くるみ♪ Mr.Children

道57号線の南側には新興住宅地が広がる。この10年ほどのあいだに、それまであった田畑はつぶされ、宅地になり、次々に戸建ての住宅が建った。

 

藤倉奈津美の家はこの住宅街の一角にある。2階建て、白色の外壁、小さな庭。小ぢんまりとした造りの建物は、隣近所にも数軒建っている。

 

学校指定の白色のカバンを襷掛けにぶら下げた奈津美が、自分の家の玄関前に立ち止まる。そしてカバンの中から家の鍵を取り出し、玄関ドアの鍵穴にそれを差し込む。

 

奈津美の父三郎は、今年の春先から失業中だ。勤めていた地元百貨店が今年3月末に閉店した。三郎はそこで支配人を担当していた。大学卒業後入社し、25年間百貨店一筋で勤めてきた三郎にとって、閉店、そして解雇は、本人の予想を超えた、大きなショックだった。三郎は、6月くらいまでは、ハローワークに通っていたが、選り好みするためか、どれも決め手を見いだせず、7月からは、家に閉じこもりがちになり、リビングのソファーに座り込んでいる毎日だ。

 

玄関の扉を開け、家に上がった奈津美は、右手にあるリビングのドアを横目に、前方の階段を上った。

 

奈津美の母景子は、化粧品の代理販売店を個人でやっている。これは、三郎が失職する前からだ。が、今や、この収入が家計の支えになっている。

 

奈津美は自分の部屋に入り、カバンをベッドに置き、勉強机に向かって椅子に座った。昼の2時過ぎ。学校からの帰りが早かろうと遅かろうと、父親は何も言わない。奈津美は、学校を1時間目の途中で抜け出してから今まで、閉鎖した中古車販売店跡地で仔猫のミーニャと遊んでいた。

 

2階には2部屋ある。もう一つの部屋は、兄健斗(けんと)の部屋だ。健斗は奈津美と4歳違いの19歳。大学予備校に通っている。

 

(おなか減ったなあ・・・)

奈津美は思わずつぶやいた。

朝から何も食べていない。こんな日が多い。

1階のキッチンに行けば何かあるかもしれないが、そこに行くには、父親のいるリビングを通らなければならない。奈津美は、父親の顔を見るのが嫌だった。

 

---------------------------------------

作詞 桜井和寿 作曲 桜井和寿

発売日 2003年 アルバム「シフクノオト」に収録

 

 

シフクノオト

シフクノオト