読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

00’Sー12 ♪春風♪ くるり

 津美は、机の引き出しを開け、そこから明治アーモンドチョコレートの箱を取り出した。そして、箱の中から一粒つまみ、それを口に放り込んだ。次にラヂオをつけた。机の上に載った、コンパクトタイプのCDラジカセ。民放のFM,エフエム熊本を聴く。これが日課だ。たまに番組にメールを送る。パソコンからではなく、携帯電話から送る。

 携帯電話は、小学生高学年の頃から持っている。

 父三郎が失業中で、家計のやり繰りに困窮し、ついに固定電話は止められたが、家族4人それぞれが持つ携帯電話の代金は、母景子が何とか払い続けていた。

 奈津美の通う中学校は、藤倉家の家族の携帯電話番号までは把握していなかった。だから、奈津美がどれだけ学校をサボっても、学校は連絡の取り様がなかった。また、わざわざ家まで教師らが訪ねて来ることもなかった。

 ラヂオからは、奈津美の知らない古い洋楽が流れていた。

 きょうは夜7時から塾がある。奈津美は、来春、高校受験を控えている。

 塾の費用について、以前、奈津美は、父の再就職が決まらない中、家計を心配し、母に“塾をやめる”ときり出したことがあった。しかし母景子は、“大丈夫、心配いらないから”と奈津美に説いた。

 奈津美は、3年生になり、学校へ行く日数は減ったが、学力は落ちていない。この前の中間テストでも学年で10位以内に入っていた。

 奈津美の志望校は、地元の進学校だった。奈津美をいじめているグループは、そことは違う高校を志望している。

 奈津美は、塾から与えられていた数学の問題が羅列されたプリントを、机の上に広げ、それらの問題を解き始めた。目の前のCDラジカセからは、ジャニス・ジョプリンの歌声が聞こえてきた。

 

---------------------------------------

作詞 岸田繁 作曲 岸田繁

発売日 2000年 アルバム「ベスト オブ くるり」に収録

 

 

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER