J-Song Stories

00年代の日本のロック・ポップをBGMにえがいた人間"熱いぜ"ストーリーです。

00’Sー05 ♪The Perfect Vision♪ MINMI 

原は、午後1時から午後5時まで小説を書いたあと、夕食の準備にとりかかる。

自炊は、この6カ月のあいだでだいぶ慣れた。面倒なことはしない。至って簡単、手抜き料理だ。

きょうは、卵と豆腐ともやしの炒め物だ。

まず、卵2個をオリーブ油をひいたフライパンでスクランブルエッグにする。それを、いったん器にうつす。オリーブ油をひきなおしたフライパンで、今度は、もやしを炒める。そこに、一口サイズに角切りした豆腐一丁分を入れる。そして、醤油小さじ3杯、酒・みりん各小さじ2杯を投入。最初につくったスクランブルエッグも投入して、それぞれをゆっくり絡め合わせる。最後に、市販のきざみ葱をかけて、完成だ。

この、題して“もやタマ豆腐”、白飯、インスタントの味噌汁、千切りキャベツ、作り置きしているきんぴらごぼう、これで十分だ。十分すぎるくらい十分だ。

桐原は、ベッドの横に、折りたたみ式の小さな丸テーブルを置き、そこに料理を並べ、胡坐をかいて食べる。

テレビは見ない。かわりに、ラジオを聞く。コンパクトな作りのCDラジカセ。自分のからだの横に置き、民法のFMを聞く。リクエスト番組だ。ちょうど、シカゴの曲がながれていた。

“なんだったっけ? これ”

桐原は箸でもやしをつかみながら、少し考えた。

「あー! サタデイ・・・イン・ザ・パーク、か」

秋の夕暮れは早く、カーテンの向こうはもうすっかり暗くなっていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作詞 MINMI 作曲 MINMI

発売日 2002年 アルバム「Miracle」に収録

 

Miracle

Miracle

 

  

The Perfect Vision

The Perfect Vision